仙台育英 須江 航監督 「青春ってすごく密」【名言】

こんにちは、えすぷれ@ta1spulse)です。

今回は、今年最も感銘を受けたメッセージをご紹介します。

2022年、第104回全国高等学校野球選手権大会の優勝インタビューで、仙台育英高校の須江監督が語ったメッセージです。

今回は、尊敬の念を込めて、文字に起こさせていただきました。

ぜひご覧ください。

須江 航監督 のメッセージ

えすぷれ
えすぷれ

「今年の三年生は、入学した時から新型コロナウイルスの感染に翻弄されてきました。それを乗り越えてのこの優勝、三年生たちにはどんな言葉をかけたいですか」と問われて、須江監督が語り出します

入学どころか、たぶんおそらく中学校の卒業式も、ちゃんとできなくて、

高校生活っていうのは、何ていうか、僕たち大人が過ごしてきた高校生活とはまったく違うんですね。

青春ってすごく密なので、でもそういうことは全部ダメだダメだと言われて、

活動しててもどこかでストップがかかって、どこかでいつも止まってしまうような苦しい中で、

でも本当に諦めないでやってくれたこと、でも、それをさせてくれたのは僕たちだけじゃなくて

全国の高校生のみんなが本当によくやってくれて、たとえば今日の下関国際さんもそうですけど、

大阪桐蔭さんとかそういう目標になるチームがあったから、どんなときでも諦めないで、

暗い中でも走っていけたので、本当に全ての高校生の努力の賜物が、ただただ最後、僕たちが

ここに立ったというだけなので、ぜひ全国の高校生に拍手をしてもらえたらなと思います。

第104回全国高等学校野球選手権大会 優勝インタビュー 須江 航監督
えすぷれ
えすぷれ

何度見聞きしても、涙が出てきます

えすぷれ
えすぷれ

とてつもなく、大きな愛情を感じます

えすぷれ
えすぷれ

今の世代を象徴する、歴史に残るメッセージです

えすぷれ
えすぷれ

高校時代だけではなく、中学時代から苦しかった生徒たちを思いやり、

えすぷれ
えすぷれ

過去とは違う、今の生徒たちの気持ちに寄り添い、

えすぷれ
えすぷれ

コロナ禍で、何度も挫けそうになりながらも、諦めず努力し続けた選手たち、

えすぷれ
えすぷれ

さらに、同じように諦めずに努力してきた全国の高校生たちに、賛辞のメッセージを送っています

えすぷれ
えすぷれ

これは、前日の夜に考えて言えるメッセージではありません

えすぷれ
えすぷれ

日々、もがきながら、指導し続けた日々の中で、想い続けたことが、この一瞬に解き放たれたものです

えすぷれ
えすぷれ

しっかりとした心根に支えられ、不断の努力によって磨かれた心と、自分の想いを表現できるリテラシーがあったからこそ、全国が感動の渦を包まれたのでしょう

最後に

えすぷれ
えすぷれ

いかがでしたでしょうか

えすぷれ
えすぷれ

このメッセージにどれだけの人たちが、心を動かされたでしょうか

えすぷれ
えすぷれ

私もその一人です

えすぷれ
えすぷれ

心技体とは言いますが、普段の生活で忘れてしまうのは、「心」を磨くことです

えすぷれ
えすぷれ

須江監督のメッセージを心に留めて、日々精進していきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました