レクサス 新型 LBX 実物を見て感じた 正直○○過ぎる・・・!!

こんにちは、そろそろ車の買い替えを考えているえすぷれ@ta1spulse)です。

今回は、いよいよ発売間近となりましたレクサス、新型LBXが、青山のレクサス インターナショナル ギャラリーに展示されましたので、見に行ってきました。

今回は、現地で撮影した写真と合わせて、感想をまとめました。

ぜひご覧ください。

LBXとは

LBXは、レクサスが、2023年秋に発売するコンパクトクロスオーバーです。

えすぷれ
えすぷれ

レクサス史上、最も小さなサイズで、Bセグメントに属しています

車のセグメントってどういう意味?

えすぷれ
えすぷれ

ラグジュアリースニーカーのようなヒエラルキーを超える車という発想に惹かれ、実物を見に行きました

LBX COOL (プロトタイプ)

えすぷれ
えすぷれ

青山のレクサス インターナショナル ギャラリーに行ってきました

エクステリア

えすぷれ
えすぷれ

こちらが、LBXになります

えすぷれ
えすぷれ

コンパクトではあるものの、重厚感を感じます

えすぷれ
えすぷれ

展示車は、COOLのプロトタイプになります

えすぷれ
えすぷれ

ポイントは、全高1545mm、日本の立体駐車場の1550mm以下に収めてきました

※欧州での発表時は、全高1560mmでしたが、日本市場ではシャークフィンを外してサイズダウンしています

えすぷれ
えすぷれ

こちらがリアビューです、鏡餅を参考にした造形は、見た目どっしりしています

えすぷれ
えすぷれ

ご覧の通り、シャークフィンが付いてませんね

えすぷれ
えすぷれ

こちらがヘッドライトです

えすぷれ
えすぷれ

今までのレクサス車とは形状が異なるものの、しっかりL字になってますね

えすぷれ
えすぷれ

タイヤサイズは、225/55 R 18、Bセグメントとしては、大口径です

インテリア

えすぷれ
えすぷれ

運転席に乗り込みます

えすぷれ
えすぷれ

12.3インチのフル液晶メーターは視認性がいいですね

えすぷれ
えすぷれ

ステアリングの加飾は、少し寂しく感じます

えすぷれ
えすぷれ

ナビ画面は、大きくはないですが、前方の視界を遮ることなくコンパクトにまとまっています

えすぷれ
えすぷれ

シフト周りもかなりシンプルです

えすぷれ
えすぷれ

ドアトリムは、ボタン類も加飾され、質感も悪くないです

えすぷれ
えすぷれ

後部座席から見ると、こんな感じです

えすぷれ
えすぷれ

シンプルイズベストといった感じでしょうか

えすぷれ
えすぷれ

私が一番気になっていた、後部座席はこんな感じです

えすぷれ
えすぷれ

想像以上に、せ、狭い・・・

えすぷれ
えすぷれ

足を入れ込まないと座れません

えすぷれ
えすぷれ

180cmの私が座ると、前席のシートに足が当たってしまいます

Good ポイント

  • 無駄なく、シンプルにまとまっていた
  • 2人乗車であれば、ストレスも少なくドライブできそう
  • エクステリアは、重厚感があり、レクサス然としている

Bad ポイント

  • 圧倒的に狭い
  • 運転席も狭いが、後部座席は利用できないレベル
  • 後部座席はリクライニングができず、ほぼ垂直姿勢
  • 近場の移動だとしても、5名乗車は実質不可、4名乗車もかなり厳しい

おまけ

えすぷれ
えすぷれ

LMも展示されてました

えすぷれ
えすぷれ

2,000万円を越える車だけあって、内外装ともに高級感ありましたね

最後に

えすぷれ
えすぷれ

いかがだったでしょうか

えすぷれ
えすぷれ

Bセグメントとは理解しつつも、リアシートが利用できないレベルに愕然としました

えすぷれ
えすぷれ

ファミリーカーとしては難しいですが、2名乗車であれば使いやすい車だと思います

えすぷれ
えすぷれ

ご参考まで

これからも、車の買い替えに向けて、TOYOTA関連情報を中心にあつめて、記事にしていきます。

また、見にきてください。