角川武蔵野ミュージアム ファン・ゴッホ展の満足度は…

こんにちは、えすぷれ@ta1spulse)です。

今話題の「ファン・ゴッホ -僕には世界がこう見える-」を見に行ってきました。

この記事は、「角川武蔵野ミュージアム」と「ファン・ゴッホ -僕には世界がこう見える-」について感想をまとめました。

ぜひご覧ください。

角川武蔵野ミュージアムとは

えすぷれ
えすぷれ

HPには、以下のような説明があります。

図書館・美術館・博物館が融合した文化複合施設。 編集工学者・松岡正剛、博物学者・荒俣宏、建築家・隈研吾、芸術学・美術教育の神野真吾による監修のもと、メインカルチャーからポップカルチャーまで多角的に文化を発信する

https://kadcul.com/museum/overciew
えすぷれ
えすぷれ

なるほどですね。

えすぷれ
えすぷれ

確かに、図書館、美術館、展示会場が複合した施設でした。

えすぷれ
えすぷれ

ポップカルチャー色が強い印象です。

えすぷれ
えすぷれ

建物自体が象徴的なデザインですね

角川武蔵野ミュージアム ©︎えすぷれ

2022年8月の企画展は?

えすぷれ
えすぷれ

2022年8月に開催されていた企画展は、4つです。

えすぷれ
えすぷれ

この中から、ファン・ゴッホを見てきました。

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー とは

えすぷれ
えすぷれ

こちらの企画展は、ゴッホの作品を壁や床全体に投影するデジタルアート展です。

えすぷれ
えすぷれ

会場で撮った写真をいくつかご紹介します。

えすぷれ
えすぷれ

複数の作品を重ねた自画像です。

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー 自画像 ©︎えすぷれ
えすぷれ
えすぷれ

こちらも原作を反転させながら繋ぎ、色味も加工したタネを蒔く人です。

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー タネを蒔く人 ©︎えすぷれ
えすぷれ
えすぷれ

こちらは、原作の一部を切り抜き、拡大しています。

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー 星月夜 ©︎えすぷれ
えすぷれ
えすぷれ

デジタル加工されて、揺れる水面が綺麗でした。

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー ローヌ川の星月夜 ©︎えすぷれ
えすぷれ
えすぷれ

ひまわりも、原作を重ね合わせてまったく違う表現になっています。

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー ひまわり ©︎えすぷれ
えすぷれ
えすぷれ

素敵な音楽に合わせて、デジタルアートが切り替わっていきます。

えすぷれ
えすぷれ

ハンモックに揺られながら見れたりします。

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー ハンモックに揺られながら ©︎えすぷれ
えすぷれ
えすぷれ

こちらの映像は、一周30分ぐらいで、リピート再生されています。

えすぷれ
えすぷれ

もう一周観ていたかったですが、子供たちは退屈だったようです汗

えすぷれ
えすぷれ

シアタールームを抜けると、年表やプリント作品が並んでします。

ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー 年表 ©︎えすぷれ
ファン・ゴッホ ー僕には世界がこう見えるー ひまわり プリント ©︎えすぷれ

イベント展以外の見どころ

えすぷれ
えすぷれ

常設エリアには、本がたくさん並んでいます。

角川武蔵野ミュージアム ©︎えすぷれ
えすぷれ
えすぷれ

本が読み放題です。

角川武蔵野ミュージアム ©︎えすぷれ
えすぷれ